學校法人 大覚寺學園 嵯峨美術大學 嵯峨美術短期大學

検索

University Introduction

情報公開

3. 校地?校舎等の施設その他の學生の教育研究環境

附屬施設

4. 授業料、入學料その他の大學が徴収する費用

5. 産官學連攜?地域連攜(社會貢獻活動)

1. 教員組織、各教員が有する學位及び業績

3. 授業科目、授業の方法及び內容並びに年間の授業計畫(シラバス又は年間授業計畫の概要)

4. 學修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に當たっての基準(必修?選択?自由科目別の必要単位修得數及び取得可能學位)

5. 學生の修學、進路選択及び心身の健康等に係る支援

學生サポート體制
學生アルバイトについて
學割制度

7. 教員の養成狀況についての情報

8.大學院修士課程の學位論文?研究に係る評価に當たっての基準

內部質保証の方針

本學の建學の理念および本學の目指す教育目標の達成に向けて、恒常的?継続的に改善?改革を推進するため、以下のとおり內部質保証の方針を定める。

1.內部質保証の目的

本學は、教育?研究等を含む諸活動全般において、恒常的に自己點検?評価を実施する。その成果を改善?改革につなげるため、建學の理念、教育目標と整合性のとれた自律的な仕組みを組織的に整備し、それを有効に機能させることによって、本學の教育?研究等の水準を維持?向上させる。

2.內部質保証の體制

大學全體の內部質保証の推進に責任を負う組織は、學長を委員長とする自己點検?評価委員會とする。自己點検?評価委員會は、教育?研究活動の適切性、有効性を検証するため、自己點検?評価の全學的な方針を策定し、自己點検?評価活動を統括する。自己點検?評価の結果および外部評価の検証結果は、事業計畫や教育研究組織および事務組織の活動計畫等に適切に反映させることによって、教育?研究活動等の全學的な改善?向上を著実に推進する。
また、IR推進室は、本學の教學および経営に関する情報、資料の収集および分析を行い、その結果を教育?研究の改善?改革に活用する。

3.自己點検?評価の実施

自己點検?評価委員會のもと、短期大學?學部?研究科?委員會等の教育?研究組織および事務組織は、毎年度、教育?研究等の諸活動について自己點検?評価を実施し、報告書を作成するとともに、次年度以降の教育?研究等の改善?向上に努める。

4.外部評価による検証

點検?評価活動の適切性、妥當性について認証評価機関による認証評価を受審する。評価結果および指摘事項等については、自己點検?評価委員會を中心に、改善狀況を點検し、適切かつ速やかに対処する。

5.情報公開

自己點検?評価委員會は、評価結果を理事會?評議員會に報告するとともに、広く社會に向けて公表する。

本學では、不正行為及び研究費の不正使用への対応して、次のような取組をしています。

本學の學術研究の信頼性と公正性を確保することを目的とし、研究を遂行する上で求められる研究者及び研究に関與する事務職員の行動?態度の倫理規準を定めています。

研究倫理に反する不正行為及び研究費等の不正使用を防止するため必要な措置について定めています。

1. 機関內の責任體制

最高管理責任者:學長

本學における研究費の運営及び管理並びに研究活動上の不正行為の防止に関し最終責任を負います。

統括管理責任者:大學では學部長、短期大學では短期大學部長

最高管理責任者を補佐し、研究費の運営及び管理並びに研究活動上の不正行為の防止に関し、機関全體を統括する責任を負います。

部局責任者:學科長、蕓術センター長、事務局長
  • 學科長は、當該學科に所屬する教員の研究活動及び研究費の不正防止に関する実質的な権限と責任を有します。
  • 蕓術センター長は、研究支援を所管する部署の長として、研究倫理規準に則った研究が行なわれるよう、不正防止計畫を策定し、不正行為の排除に努めます。
  • 事務局長は、研究に関與する事務職員すべてを統括し、公正かつ効率的な研究活動を支援するとともに、特に研究費等の不正使用が生じないよう厳正な事務処理を推進する責任を負います。

2. 不正行為防止計畫の策定

研究活動上の不正発生要因を把握し、不正行為を未然に防止するための計畫を策定します。

3. 情報の伝達を確保する體制

研究費等に関する情報を研究者に伝え、誤解や不正使用につながらないよう相談窓口を設置しています。

研究費等の使用ルール相談窓口:社會連攜?研究支援グループ
TEL:075-864-7858
FAX:075-881-7133
E-Mail:geibunken@kyoto-saga.ac.jp

研究活動上の不正行為に関する通報を受け付ける窓口を設置しています。窓口で受けた通報は、統括管理責任者を通じて最高管理責任者である學長に伝達される體制になっています。

通報窓口:管理運営グループ
TEL:075-864-7858
FAX:075-881-7133
E-Mail:infosec@kyoto-saga.ac.jp

4. 研究費の使用ルールの明確化

研究費取扱規程に基づき、適正な研究費の使用ルールを明確にし、不正を排除します。

5. モニタリング及び內部監査の実施

監査員をおいて、研究活動の不正行為及び研究費の不正使用を防止するため、モニタリング及び內部監査を実施します。

6. 取引先への対応

不正な取引に関與したことが明らかになった業者については、學校法人大覚寺學園固定資産及び物品調達規程に基づき、取引停止等必要な措置をとります。

學校法人大覚寺學園で働く教職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計畫を策定する。

1. 計畫期間

2021年4月1日~2022年3月31日までの1年間

2. 內容

目標1:年次有給休暇の取得を促進する。
対策
  • 2021年4月~ 年次有給休暇取得狀況の把握
  • 2021年5月~ 管理職を対象とした研修の実施
  • 2021年6月~ 職員への周知、年次有給休暇の取得を促進する
目標2:所定外労働時間の削減に努める。
対策
  • 2021年4月~ 所定外労働の原因の分析
  • 2021年5月~ 管理職を対象とした研修の実施
  • 2021年6月~ 各部署における問題點の検討および改善

以上

本學園は大覚寺が祖と仰ぐ嵯峨天皇ならびに宗祖弘法大師の思想と実踐に學び、その精神を現代の高等教育に活かすことを建學の精神に仰ぎ、開學以來真摯に教育実踐を重ね、多くの有為の人材を輩出してきた。特に、嵯峨天皇と弘法大師の高い蕓術性、人格陶冶の展望、広範なる社會事業の精神は本學園に受け継がれていると言える。目まぐるしい流行の変転や、グローバル経済に押し流される社會の中にあって、専門的知見?技能だけに埋沒せず、普遍的な視野と自律的な思考力?行動力を貴ぶ反骨の學風となって表れており、教育課程も真の高等教育に相応しい教育理念の下に編成されている。これが本學園の第一の特色である。

また、嵯峨天皇と弘法大師の立場を越えた交遊が嵯峨の王朝文化の基盤となったように、本學園は大學自治を尊重し、大學人としての自覚に基づいて教職員の自由闊達な議論を通して運営されている。これが第二の特色である。これは大學として當たり前のことであろうが、自治の気風を失う大學が多い中で、學生も含めて実直に自由な學びの場を守る努力がなされていることが、現代において本學園の大きな特色となりつつあると認識している。さらに、京都、嵯峨は古くより我が國第一級の文化交流の場であるとともに、重層的に蓄積された生活文化を今日においても確固と有している。この地に蕓術教育の拠點を置く本學は、開學以來様々な角度から地域交流、地域貢獻事業に力を注いできた。現在、生涯學習講座や地域に開放された連続文化講座に加え、正課內外における教職員と學生の一體となった地域貢獻事業、ボランティア事業、研究活動を展開している。これが本學園の第三の特色である。

嵯峨美術大學?嵯峨美術短期大學の施設の耐震化率は100%です。

大學等における修學の支援に関する法律施行規則第7條第2項の規定に基づく確認申請書の公表

嵯峨美術大學、嵯峨美術短期大學は、大學等における修學の支援に関する法律に基づき、文部科學省に一定の要件を満たすことの確認を受け、「高等教育の修學支援新制度」の対象機関に認定されております。

24小时日本在线www