學校法人 大覚寺學園 嵯峨美術大學 嵯峨美術短期大學

検索

Department
Postgraduate program

専攻科

専攻科

さらに2年間學び
學士(蕓術學)
を取得する。
さらに2年間學び學士(蕓術學)を取得する。
2年間で學んだ技術や表現力を、さらに深く広く追求することができるのが専攻科(二年制)です。美術専攻、デザイン専攻(マンガ含む)を設け、アートイベントや公募展への參加などを通じて、蕓術と社會とのかかわりを學びます。また、四年制大學と同等の學位を取得することも可能で、大學院進學への道もひらかれています。
  • 自己のレベルアップのために
    自在に選択するカリキュラム

    専攻科では、短期大學の學びに対応した専攻をそれぞれ用意。短大で學んだことを専攻科へそのままスライドさせて、さらに2年間學ぶことができます。逆に、短大時代の専門とまったく違う表現に挑戦することも可能。個々の興味によって、學びを自由にコーディネートすることができます。

  • 大學院進學への道もひらける
    學位取得が可能

    學士とは四年制大學卒業時に取得できる學位のこと。本學専攻科は學修合計62単位の修得によって學士(蕓術學)の取得が可能です。これにより大學院進學の道もひらけ、進路選択の幅が広がります。

學士取得までの流れ

カリキュラム概要
専攻共通科目
蕓術
蕓術思想研究、蕓術心理學研究、色彩研究、造形思潮研究、蕓術の現象學、空間論研究、創造の生活 I?II、美術教育、國內美術研究、海外美術研究、海外美術研究演習
美術
東洋?日本美術史研究A?B、西洋美術史研究A?B、現代美術研究、美術史研究、美術特論A?B?C、美術特演
デザイン
デザイン特論A?B、デザイン特演A?B?C
マンガ
マンガ特論A?B、マンガ特演
専攻別専門科目(実習?演習)
美術専攻
美術研究Ⅰ~Ⅲ、美術研究修了制作
デザイン専攻
デザイン研究Ⅰ~Ⅲ、デザイン研究修了制作
擔當教員
大澤 悠/大畑 真也/神谷 三郎/河村 啓生/坂田 岳彥/滝村 彩子/田中 聡/千足/堤 抄子/中井 浩史/西谷 福朗/藤本 ひづる/古幸 壽見/堀 としかず/森岡 誠
學生作品

SCALE UP

#01 峰山 茉弓
ことば

何気ないただの言葉。本當に信じていいのかわからない。果たしてその言葉は本心から発せられたものなのか。その場しのぎの噓の塊なのか。自分はいつも懐疑心の中で揺らいでばかりだ。あぁ、もっと素直に言葉を受け止められたのならば。

  • 受賞2019年度制作展 大覚寺賞
  • 素材高知麻紙、水干絵具、巖絵具、盛胡粉、木炭、箔
  • サイズ194.0 × 260.6cm

SCALE UP

#02 木村 晃子
騒騒

以前から“群衆” というワードにどこか惹かれるようなものがあり、カラスの群れを見たときに目が引き寄せられるものを感じました。そのときの中心に向かって吸い込まれていくような感覚をイメージし、それを描きとめようと思い制作しました。
カラスがひしめき重なり合うことでできるカタチを楽しめればと思います。

  • 受賞2018年度制作展 教育後援會奨勵賞
  • 素材高知麻紙、水干絵具、巖絵具、膠、胡粉、パール
  • サイズ162.0 × 162.0cm

SCALE UP

#03 池辺 美生
革製品の良さを伝える提案 c–rem

たくさんのモノがとても早いサイクルで生産され、消費されていく中で、いつの時代でも通用するものがある。それが“革製品”。革の魅力はなんといってもエイジング。親から子へ、子から孫へと、時を重ねるごとに風合いが増し、輝いてみえる。使い込まれることで世界に一つしかないモノとして完成される。私の地元、京丹後市にあるレザークラフトショップ「c-rem」のブランドリニューアルを提案します。

  • 受賞2018年度制作展 教育後援會奨勵賞
  • 仕様Webサイト
  • サイズB1(103.0 × 72.8cm) × 3枚

SCALE UP

#04 西原 空里
終末にむかって

いつでも、そこにむかっていく私たちの足です。

  • 受賞2018年度制作展 専攻科賞
  • 素材透明水彩、ワトソン紙
  • サイズ145.6 × 103.0cm
24小时日本在线www